HOME   »  四国ツーリング2012
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.5.4 出発・・・


3日出発予定だったが、天気がもう一つだったので急きょ4日に変更。
宿で泊まる予定だったが、予約ミスなどもあり、結局キャンプになった。

小さいテントがほしい。。。


夜11:30集合。
夜の43号線をひた走る。

向かった先は。。。



神戸のフェリーターミナル。
最初4台で行く予定だったが2台ドタキャン(怒)。結局2台だけ。。。





香川県高松まで、しばしの船旅。
夜中1:00発、明け方5:00に到着の予定。



フェリーの中はさすが連休だけあって、廊下まで寝そべってる客があふれている。
軽く仮眠でも・・・と思っていたが、だいぶ考えが甘かったようだ・・・。

あまりに客が多いので、フェリー側も「ドライバー室を開放します」とのアナウンス。
偶然その近所をうろうろしてたので真っ先に飛び込み、何とかスペースを確保。

何とか寝れるかと思ったが、結局子供の泣き声や、周りの雑踏などで一睡もできず・・・。

眠い目をこすりながら、バイクのところに戻り、身支度を整える。


空も少し明るくなってきたところで船のゲートが開き、車やバイクが流出していく。

朝焼けの中、少し寒さを感じながら一路、愛媛県を目指す。


スポンサーサイト
2012.5.4 石鎚山―四国カルスト



朝5:30・・・



フェリーからあふれ出た車やバイク集団に紛れて11号バイパスに入る。

その集団は、高松道の分岐で徳島や高知、愛媛方面へそれぞれ散らばっていった。



早朝の市街地を駆け抜ける。



前日の悪天候の影響か、かなり肌寒い。風も強いし、山のほうを見ると、上空は曇り空。

天気がよくなってくれることを祈りつつバイクを走らせる。



交通量が増える前にバイパスを抜けたかったので、香川の街並みには目もくれず、ノンストップで新居浜へ。

時計も7:00になったところでコンビニで少し休憩する。







今回の旅のお供の方は、セレブバイク、ゴールドウイング。



「寒く無かったですか?」



と尋ねるも、グリップヒーターはついてるし、シートにもヒーターついてるし、足元から温風、全面からも温風、スクリーンは上下に動くし、ワイパーまでついてる。

寒いどころか、ちょっとくらいの小雨なら全然気にならないらしい。



コンビニで軽く朝食を取る。

天気は相変わらず曇り空。しかし、ここまで来てルート変更は厳しいので予定通り敢行することにする。



11号バイパスから194号線に入り、寒風山トンネルを抜ける。

トンネル出口をすぐに左折し、雄峰ライン手前の茶屋へ。















展望台からの眺め。ここら辺はまだよかったが・・・・







瓶ヶ森方面へ入った途端、濃霧!というか霧雨!しかも強風吹き荒れる。



視界はゼロ。

シールドを閉めていると曇って何も見えないので、仕方なくシールドを開けっ放しで走行。



軽く嵐の中を走っているようで、さすがにつらくなってきた。

早くこの状況から脱出したくて、お供のセレブバイクお構いなしにどんどんペースを上げる。







こんな景色を期待していたのに!残念・・・



やっとのことで石鎚山登山口の土小屋というところに到着。







中で暖をとっていると、登山で訪れていたおじさん、憔悴した様子。



「毎年来てるんが、こんなん初めてじゃ!!」



だそうです・・・・。



絶対また来るぞ~!







ストーブからなかなか離れられなかったが、意を決し、次の場所へ向かうことにする。

ここから石鎚スカイラインを下り、四国カルストへ。

高低差850mを一気に下る。



するとあんなに悪天候だったのに、みるみる天気が回復。地上何百mの間でこんなに変わるものか・・・。

下界はいたって快適だった。







石鎚スカイラインも、とても楽しいワインディングだった。



また近々、おんなじコースを走りに来よう。







カルストもおんなじような天気だったらいややな~。などと考えながら、494号から33号、440号に入り、地芳峠へ。

次は二つ目の目的地、四国カルスト。







2012.5.4 四国カルスト-桂浜(キャンプ地)

標高が上がるにつれ、だんだん寒さは増してくるが、心配していた天気はどうやら大丈夫のよう。
峠道を駆け上がると、カルストの風景が目の前に現れた。

AM11:30 姫鶴平
ここで昼食をとることにする。

風が強く、少し肌寒いがとても気持ちがいい。
少し辺りを散策。

展望台から。







カルスト台地の尾根づたいを走行。





車で訪れた時に、「バイクで走ったら気持ちいいやろなー」と感じたとおり、とても爽快だった。
眼下に広がる四国山脈を眺めながら、ゆっくりのんびり走行。

天狗高原まであっという間だったが、カルストを堪能できた。


ここから来た道を戻り、仁淀川沿いを下ってキャンプ地を目指す。

途中のスタンドで給油。



仁淀川沿いの道を軽快に駆け抜ける。
下界は相変わらずの陽気で、昨日の徹夜のせいもあり、意識はあるがなんとなくうとうとしてくる。

途中のコンビニでたまらず休憩。
バイクを木陰に止め、自分たちも腰をおろし、しばし談笑。

少し仮眠しようかとも思ったが、このままキャンプ地まで走ってそこでゆっくりしよう、ということになる。

小一時間ほど休憩した後出発。

途中、仁淀川河口付近でこいのぼりを川に流す行事が行われていた。



どんどん川沿いを下り、海岸線まで突き当たる。

海岸線を桂浜方面へ。

沖の180°の水平線を見ながら気持ちの良い海岸線を走る。



この先は観光地のせいもあり、結構な渋滞が発生していた。
眠気のせいもあり、無理な追い越しなどせず、渋滞に流されながら途中、竜馬記念館に立ち寄った。

PM4:00
キャンプ地、種崎千松公園に到着。
早速テントを設営し、荷物を下ろし、一息をつく。





無料のキャンプ場で、目の前は海岸、一軒ラブホがあったが、周りも静かな場所でとても快適だった。

近所のスーパーで買い出し、軽く宴会。
寝不足のせいで少量の酒でかなり酔いが回り、早めに寝袋に潜り込んだ。

夜中、目が覚め、夜風に当りながらあたりを散策。

再度眠気が襲ってきたところで今度は朝までぐっすり眠ることができた。

明日から徳島方面へ帰路に就く。もう一泊くらいしたいな。
2012.5.5 桂浜~室戸~徳島 

朝、周りのバイカーたちの身支度のざわめきで目覚める。

宮崎からの遠征で、自分たちとは逆回りのコースを辿っているそうで、今日、カルスト、石鎚に登るのだそう。
「それ、大正解ですね」
と、昨日の嵐の状況を説明する。

今日は昨日とはうって変って、最高の天気。最高の景色を堪能できることだろうな。

自分たちも近くのコンビニへ買い出しに行き、今回はコンロを持参していたのでコーヒーを沸かし、朝食をとる。
帰り道中は、本当は自分ひとりで来る予定だったのでR439をひたすら横断したかったのだが、今回一緒に同行した方は初四国。
やっぱり海岸線を走ったほうが気持ち良いだろう、ということで室戸経由でR55を走ることにする。

8:00頃、キャンプ地を出発。

少し肌寒いくらいだが、とても気持ち良い。



竜馬空港付近までしばらく海岸線を行くと、R55に合流。

「そういえばこの付近に竜馬のろう人形の館があったな・・・」

と急に思いだし、ナビで検索。

竜馬歴史館というところらしい。過去に来たことがあるが、もう20年以上も前のこと。ルートなど覚えているわけもなく、ナビを頼りに向かってみる。

案外すぐに到着した。
が・・・、改装中のためしばらく休館、との張り紙が。

「なんでやね~ん」

自然と張り紙に突っ込むところは大阪人の悲しい性・・・。

竜馬にまつわる各シーンを蝋人形で再現するという、なかなか面白い場所だったと記憶している。
かなりリアルでちょっと怖かった。
竜馬記念館よりもこっちのほうが見ごたえがあったと思う。
少し残念。


来た道を引き返し、途中、ヤシイパークというところに立ち寄る。
前回来た時も、ここでカツオを買って、大阪まで送ってもらった。

店のおじさん
「よう有名人の方からも手紙で送ってくれって頼まれるんじゃ」
「この前は劇団ひとりがきてな~」


・・・・おいおい、前はオリックスの北川って言ってたぞ・・・。調子のええオッチャンや。

と思っていたが、味のほうは確かにめちゃくちゃうまかったので一応は信用している。
(後日、送られてきたカツオはやっぱりめちゃくちゃおいしかった。)


ここで、カツオのたたきを食べたかったが、時間がだいぶ早かったのでまだやってないとのこと。
発送手続きだけ済ませ、少し休憩してから出発。

海岸線を軽快に飛ばし、室戸岬手前の室戸スカイラインへ。
展望台まで一気に駆け上がる。









恋人の聖地・・・。
おっさん二人が邪魔をしちゃいけません。

室戸岬へ下る。



高地名物、アイスクリンを食べながら散策。








有名な中岡慎太郎像。

ここからまた海岸線沿いを徳島方面へ向かう。



この道はいつ来ても本当に走りやすくて気持ちいい。

途中、道の駅宍喰で休憩。
あとから入ってきたハーレーの方たちと仲良く談笑。



なんでも手前の白いパンの方はZ2も所有しているとのこと。
もう何年も乗ってやってないな~、とおっしゃってた。もったいない。

もう50近い年齢だそうだが、とてもかっこよく乗っておられました。

自分もそろそろこんな風に、のんびりかっこよくバイクが乗りたいな~。
あと10年もしたら、自分もハーレーに乗り換えようか。。。

と、そんなことを真剣に考えさせられる方たちでした。

自分たちと反対方向に行くハーレーの方たちを見送り、自分たちも出発。

徳島県に入った途端、交通量も増え、一気に走りにくくなる。
途中、日和佐に立ち寄り、夕方4時ころには徳島市内に入れた。

「新しい橋ができてるから、ぜひ通ってみて!」
とさっきのハーレーの方たちに聞いた新しい橋を通ってみる。



真新しいこの橋は、しらさぎ大橋って言うそう。
この橋のおかげでだいぶ交通の便も良くなっただろう。

自分はもう一泊して明日帰る予定なので、この先の鳴門インターチェンジで、お供の方とお別れ。

高知はキャンプできる場所がいっぱいあるし、またテント積んで来たいな。
原付で88箇所めぐりも面白いかも。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。