HOME   »  ツーリング
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近知り合ったZ乗りの人達や、ショップで知り合った人達とのツーリング。今回は終始のんびりとしたツーリングだったので、景色やバイクに乗るという感覚を十分に楽しむことが出来た。 少し、物足りなさもあったが、やっぱりほどほどのスピードで走るほうが自分は楽しい。自分のバイクスタイルは、歳も食ったせいか、相棒と一緒に行く旅ロマン的要素が大きいため、峠を攻めるとかそういったものはほどほど、で良いのである。決して攻め派を否定するわけではないが・・・。
きれいな景色でまったりする、そんなツーリングが好きです。

 
 
よいもんですね~。
 
昼間走るより涼しくて爽快でした。
 
最近、まったく行くことが無くなった南港。久しぶりに行ってみたくなり、軽く走ってきた。
 
昔はよく徳島へ渡るのにフェリーに乗ってたが、明石海峡大橋が出来てからはまったく乗ることが無くなった。
船で渡ると軽く4時間。フェリーに乗船するまでの待ち時間が心地よく、田舎に帰れるうれしさや、友達と待ち合わせして、切符を買ったりお土産を見たり、とちょっとした小旅行気分でわくわくしていたのを思い出す。
 
明石海峡大橋が出来た当時は、時間短縮と値段の安さでフェリーより全然いいな、と思っていたが、今思うと時間のあるときはフェリーでゆっくりのんびり海を渡るのも悪くないなと思う。
自分も歳をとったかな・・・・。
 
今は廃港になって、もう乗ることは出来なくなり少しさびしい気がする。
明石のフェリーは今でもあるんだろうか?出来れば残して欲しいな・・・。
 
まだあるなら、次に徳島へ行くときはフェリーに乗ろうと思う。
 

 

7月10日土曜日、最近は仕事のストレスからか、ヒマさえあれば走りに行きたい衝動にかられている・・・。
 
今回は会社の軽四からETCの機械をかっぱらってあるので、高速を使って少し遠出することにした。目指すは琵琶湖最北端!
 
朝6時に出発し、阪和道を快調に飛ばす。
そういや第2京阪が開通してるな、と思い出し、急遽京滋バイパス方面へ方向転換。鼻歌なんぞ歌いながら調子よく飛ばし、京都に突入。
 
あれっ?なんか雲行きが怪しくなってきた・・・。
 
どんより曇りだし、なんか今にも降ってきそう・・・。
一気にテンションダウンしながらも、仕方ないので先を進む。
 
草津PAでまず一回目の休憩。
 
焼きたてパンとホットコーヒーで軽い朝食。
ぽつぽつと他のライダーたちも現れだした。
荷物満載のスーパースポーツの愛媛ナンバーの女の子や、ハーレーに乗った女の子、どちらもソロのようで、最近の女の子はたくましい。などと感心していたら、天気もいつの間にか良くなってる!

 
地図を広げ、行き先を確認。
早々に出発し、一つ目の目的地、奥琵琶湖パークウェイを目指す。
 
近江、四日市を過ぎ、彦根に入るあたりでまた、雲行きが怪しくなってきた。
北陸道に入った頃には、完全に降りだしそうな天気。路面もしっとりぬれてるし(TT)
 
雨対策なんてまったくしてないので、いきなりずぶぬれになったまま一日中走りまわるのはいやだ!どうする?このまま来た道、引き返すか?

 
 
つづく・・・・
 
 
つづきから・・・
 
どんよりした空を眺めながら、木之本ICを降りた。
奥琵琶湖パークウェイは左折方向だが、どうしよう?
 
とりあえず左折方向から来る車の車体は濡れていない。えーい、いったれ!
 
左にウインカーを出しアクセルを開ける。ポツポツっとシールドに水滴が当るが、まだ本格的には降りそうではない。
 
走り出してすぐ、道の駅があった。「塩津海道あぢかまの里」
ここで2回目の休憩を取ることに。
 
奥に江戸時代の木船が展示してあった。丸子船というらしい。ついでにパチリ。


 
駐車場に戻ると、ビッグスクーターでタンデムで来ている老夫婦がいた。
今からどっか行くんですか~、へぇ~っと軽く会話を交わし、さようならと早々に出発。
 
8号線に合流し、トンネルをくぐると今回の目的のひとつ、湖岸トレースの開始。
今回の目的は、琵琶湖を横に眺め、ただただ癒されながら走るというもの。
道が細かろうが、遠回りになろうが出来るだけ湖岸沿いの道を選んで走る。
 
そんなんして何が楽しいねん!!とは言わないで~!!
癒されるのが目的なんですから~!
 
琵琶湖の横をひた走る。

 

 
あぁ~、癒される・・・
 
マイナスイオンを浴びながら、奥琵琶湖パークウェイを目指す。
途中、奥琵琶湖パークウェイの文字が消された看板があちこちにあった。新しい道でも出来たんかな?
と思いながら案内とおり進むと、明らかに進行方向とは逆方向に案内されている。
さっきの看板のほうに行くのが正解?だまされた気分で入り口まで来ると、謎が判明した。
 
どうやら土砂崩れなどで、パークウェイ全体が南側からの一方通行になったらしい。
 
工事中の横をすり抜け、頂上を目指す。
対向がこないと分かっていても、センターラインをはみ出して走るのはあまり気分よくない。
きっちりセンターラインを守りながら、展望台までやってきた。

 
駐車場ではつなぎを来た気合の入ったレプリカが2台ほど休憩中だった。
地元のライダーだろう。山道全体が一方通行なんて、恵まれた環境だな~。
 
ここではあまり立ち止まらずすぐに出発。頂上を目指す。
だいぶ体もあったまってきたところに、頂上に行くにつれ、だんだん霧が濃くなってきた。

ペースダウンしながらも、結構、あっという間に走りぬけ、いつの間にかさっき通ったばかりの道に合流していた。
 
さっき通った道を今度はパークウェイと逆のほうに右折し、再び湖岸トレース再開。
 

 
さすがブラックバスの聖地。あちらこちらで釣り人が釣りを楽しんでいた。
 
余談ですが、琵琶湖に一番最初にブラックバスを放流したのは、かの「てんの○へいか」だそうです。
そのせいで琵琶湖の在来種は絶滅の危機にさらされ、琵琶湖民は「てんの○へいか」を恨んでいる!
と地元住民に聞いたことがあります。ホンマかいな?
 
さらに琵琶湖を眺めながらひた走る。そういや、この辺にメタセコイアの並木というのがあったな・・・、と思い出し、進路変更していってみた。

こんな道が数キロ続いている・・・・。それだけ・・・。
 
再び琵琶湖沿いへ戻る。

 

 

 

 
琵琶湖大橋と観覧車が見えてきて、湖岸トレース終了。
 
画像はメイン道路ばかりだが、実際は地元住民ぐらいしか通らないような本当の湖岸沿いの道ばかりを走ってきた。
 
本当は取り回しなんかも考えて、カブで来ようかとも考えたが、琵琶湖まで来るのがしんどいな~、ということでZ1-Rで来た訳だが、仮にもカフェレーサーとして、当時は脚光を浴びていたバイクにこんなツーリングをさせる自分て、やっぱり草食系ライダー?
 
トロトロと平均時速は30kmぐらい・・・、開発者、泣くぞ!!
 
こんなトロトロ走りばかりでは、相棒くんもかわいそうなので、奥比叡ドライブウェイ、比叡山ドライブウェイを経由して帰ることにする。
 
入り口で券を受け取り、「今日は車、結構入ってるから気をつけて!」と注意を受け、頂上を目指す。
さすがよく整備された道で、景観もよく、気持ちのよいワインディングが続く。
 
途中の展望台で。

 

道中。

 
パーキングで少し昼休憩。

親子丼を注文するも結構高め。
 
このまま比叡山ドライブウェイを経由してR30号線へ降りる。
左へ行くと大津方面。右へ行くと京都東山。時間はPM2時。
さて、どうしようか?
 
 
またまたつづく・・・にします。
 
 
 
 
 
 
(その2)から・・・
 
このまま帰っても面白くないのでR30号を右折、京都方面へ。
 
峠を下った瞬間、じと~っとした暑さが。信号待ちの横に並んだ、ゼファーのお兄さんは短パン、タンクトップ、半キャップという涼しげなカッコウ。自分もヘルメットを脱ぎ去って走りたい衝動にかられる。
路線バスの後ろなんかについたら最悪。意識がもうろうとなり、たまらずすり抜け最前列へ。
 
渋滞中の京都市内を横断。
京都御所、小学校の遠足以来やな~。そのまま横目に嵐山へ向かう。
 

 

渡月橋。

 

保津川くだりの船。去年、家族で保津川下りに来た。
船頭さんのトークが面白い。ここから船はトラックで、船頭さんたちはJRに乗って亀岡に戻るそうです。
 
ソフトクリームを食べながら、地図を広げる。
 
R50号をあがって、保津川沿いに亀岡へ抜ける道があるな~。そこから池田に抜けて帰ろう。
 
少し休憩した後出発。

 
歩行者をよけつつゆっくり走行。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

峠を登っていく。途中から3台のオフロード軍団が合流してきた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ここでオフロード軍団が左折。その先は・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
この先でオフで遊べるところでもあるんだろうか?
 
自分はそのまま直進。狭い峠を行く。
 
しかし、地図ではそろそろ左折する道があって、川沿いを走る道に出るはずなんやけどな??
しばらく行くと

亀岡と書いてるが、どう見ても封鎖されている。
保津川沿いの道はあきらめ、このまま直進。
 
保津川沿いの道を行ったら、だいぶショートカットできるのにと思っていただけに、ここからがすんごく長く感じた。
 
477号線に当り、亀岡八木方面に向かう。
9号線を南下。ガリレイ亀岡をスルーして423号線へ。
 
阪神高速池田線の入り口手前のコンビニまで一気に駆け降りる。
 
コンビニで休憩。なんか疲れた~。
コンビニの休憩スペースでくつろいでいるとだんだんウトウト・・・。
少し居眠りをして、出発。
 
っとその前に、あれをやっとかないとあかんかな?ということでパロって見ました。
 

即席なもんで、レイアウトがイマイチ。
またカフェしましょう!
 
ということでそのまま池田線に乗って帰宅。
アップされた画像を見るとオンロード車でも何とか走れそうな感じです。
 
その先の封鎖された道は愛宕林道という林道で、これもバイクくらいは通れるとのこと。
 
今度、一度通ってみようかな?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。